BUILD THE MVMNT

Foundation is the key to creativity.

CONDITIONING

コンディショニングとは?

コンディションとは、いわばその人の「カラダの調子」のこと。生活やスポーツの場面で、優れたパフォーマンスを発揮するために必要な全ての要素。コンディショニングとは、コンディションを、よりよい方向に向かわせる試み。食事も睡眠も。もちろん、踊ることも立派なコンディショニングとなります。

 怪我や疾病など、様々な原因によってコンディションは低下する可能性があります。 特に、怪我が治り、カラダそのものに問題がなくなったとしても、その治癒過程で生じた筋や組織の柔軟性低下、筋力のアンバランス、そして不調をかばうことで身についてしまったカラダの悪いクセ。そういう原因によって、不調を感じる場合は少なくありません。

 つまり、病院でも原因が良く分からない動きの不具合や痛みがある場合、その原因は、あなたのカラダの機能(姿勢・動作)にあるかもしれないということです。

 自分のコンディションを悪くする原因とは?自分にとってのベストなコンディショニングとは?まずは、これらのことを認識し、カラダの仕組みを学び、より良い習慣を身につけていくことが非常に大切です。

 痛みや不調をくりかえさないため。パフォーマンスをあげるため。コンディショニングはすべての人にとって必要です。

 

パフォーマンスピラミッド


下層にいくほど、基本的な要素を表します。

車に例えてみましょう。


MOVEMENT → 姿勢、関節の機能
タイヤがパンクしていないか?ネジが外れていないか?
部品は機能しているのか。


PERFORMANCE → 筋力、バランス能力など
エンジンは高性能なのか?タイヤのゴムの性質は?
性能は高性能なのか。


SKILL → テクニック、作戦
ドライバーの運転テクニックは高いのか?
運転手の判断能力は大丈夫なのか。


つまり、いくらF1ドライバーのようにドライビングテクニックが高くても、部品が錆びついていたり、ボロボロのエンジンを使用していると、最高のタイムは出せないということ。


現実を見ても、完全にSKILLを重視する方が圧倒的に多いと感じます。各関節が正しい動きをしているかを知り、動かし方を覚えなければ、どんなに練習を続けていても、最高のパフォーマンスにはつながりません。順序を間違えずに、土台作りから技まで結びつけましょう。

PLAN

アセスメントのスコアによって、プログラムが変わります。

カラダの機能に問題が見つかった方はCorrective Phaseから。

カラダの機能に問題のない方はFunctional Phaseから開始します。

 

 Collective Phase 

機能不全改善のためのプログラム

 

 Functional Phase 

更なる機能向上のためのプログラム

 

CORRECTIVE PHASE

部位の改善ではなく、動作パターンの改善

FLOW

姿勢:カラダのズレを修正する

呼吸:正しい呼吸パターンを身につける

抑制:過剰に働きやすい筋をゆるめる

伸張:硬くなっている筋をのばしていく

活性:使えていない筋を活性化させる

統合:身体をうまく使えるようにする

Inhibitory Techniques

神経、筋膜、筋肉などのオーバーアクティベーションを抑制。
筋肉の張りなどをリラックス、筋膜リリースを行ったりします。


Lengthening Technique

可動域を増やすために、短縮された筋肉や組織を伸ばすフェーズ。
主にスタティック・ダイナミックストレッチなどを利用します。


Activation Technique

筋を活性化させるフェーズになります。
正常な可動域を取り戻した後、その可動域を正しく使えるようにします。


Integration Techniques

アクティベイトした組織や筋肉を、実際に他の共同筋と共に使います。
動作する際に筋肉や組織を活性化させ、その動作に必要のない部位は抑制させることが目標です。

FUNCTIONAL PHASE

各機能をさらに強化

FLOW

動きの準備:効率の良いウォーミングアップ

複雑な動作:脳細胞を増やし、感覚を養う

動きを鍛える:カラダの本当の強さを手に入れる

心肺機能力:短時間でカラダのエンジンを強化

PREPARATION

相反抑制を利用し、動きの土台となる体幹部の体温を上昇させ、筋の活動を活性化する

 

BALANCE

膠細胞を増やし、より多くの筋を動員し、アタマも鍛える。

 

 STRENGTH

伝統的なボディビルを基本としたトレーニングから、大きく踏み出したシステム。

 

 ESD (Energy System Development)

量ではなく質を重視し、全身持久性だけでなく、心肺機能の各要素全般をも向上させる。